伊吹有喜 TOPIX

2017年11月17日金曜日

NEW!! 「彼方の友へ」を上梓しました!

2017年1月1日日曜日

新年のごあいさつ

2015年12月31日木曜日

年末と年始のご挨拶

2015年7月13日月曜日

BAR追分が発売されます

2015年3月19日木曜日

公式サイトリニューアル

2015年3月19日木曜日

NEW!! 現在連載中

なでし子物語 天の花 地の星

画・菅野裕美/「asta*」ポプラ社(2013年7月より月刊掲載)

彼方の友へ

画・小春あや/「J-novel」実業之日本社(「紡」2013年春号より三ヶ月ごとに掲載)

NEW!! 不定期で掲載

BAR追分(バールおいわけ)

画・満岡玲子/「ランティエ」角川春樹事務所

連載終了しました。年内に刊行予定です。

今はちょっと、ついてないだけ

画・宮坂猛/「小説宝石」光文社(2014年1月号より隔月掲載)

2012年12月1日土曜日

柿の木と12月のごあいさつ

2012年11月1日木曜日

秋深し、イヌニガテの謎

2012年10月1日月曜日

夏の終わりと秋の始まり

2012年4月2日月曜日

4月のごあいさつ

2012年2月8日水曜日

二月のご挨拶

2011年11月5日土曜日

11月のごあいさつ

2011年10月6日木曜日

10月のごあいさつ

2011年9月19日月曜日

ESSAY:日本の大人

2011年7月19日火曜日

夏が来ましたね!

2011年7月1日金曜日

ESSAY:コウジに夢中

2011年6月29日水曜日

本当に蒸しますね……。

2011年6月11日土曜日

ESSAY:男の背中とオムライス

2011年4月6日水曜日

ごあいさつ

2011年1月12日水曜日

年明けのごあいさつ

2010年11月28日日曜日

ESSAY:マルタイに関する考察

2010年11月1日月曜日

ESSAY:短髪包囲網

2010年11月1日月曜日

「小説宝石」12月号(光文社発行)に短編が掲載されました。タイトルは「煙が目にしみる」です。

checkmark小説宝石(光文社)

2010年11月1日月曜日

ごあいさつ

2010年10月16日土曜日

ESSAY:蝉の夏

2010年9月21日火曜日

ESSAY:女の述懐

2010年8月

「小説現代」9月号(講談社発行)にエッセイが掲載されました。タイトルは「この夏の喜び」です。

checkmark小説現代(講談社)

2010年6月

「別冊文藝春秋」7月号(文藝春秋発行)にエッセイが掲載されました。タイトルは「折々の音色」です。

checkmark別冊文藝春秋(文藝春秋)

2010年5月22日土曜日

「月刊 ジェイ・ノベル」6月号(実業之日本社発行)にエッセイが掲載されました。タイトルは「ウマい鹿」です。

checkmarkジェイ・ノベル(実業之日本社)

2010年4月17日土曜日

ESSAY:お寒い対決

2010年3月30日火曜日

ESSAY:書店さんにて初サイン

2010年1月5日火曜日

ESSAY:2010年のごあいさつ

2009年12月25日金曜日

ESSAY:江戸の紫

エッセイ掲載

「野生時代」12月号(角川書店発行)にエッセイが掲載されました。タイトルは「おへその佃煮」です。

checkmark野生時代(角川書店)

2009年11月10日火曜日

ESSAY:失敗の定番

2009年10月5日月曜日

ESSAY:空の庭園

2009年9月15日火曜日

ESSAY:秋の夜長にこの一枚

2009年9月7日月曜日

ESSAY:イルカの裏表

著者インタビュー掲載

ポプラ社のPR誌、asta*(アスタ)9月号に著者インタビューが掲載されました。配布先などの詳細はこちらをどうぞ。

checkmarkアスタについて

checkmarkアスタが置いてあるお店

2009年8月19日水曜日

ESSAY:女の絶望

2009年8月10日月曜日

ESSAY:地獄の珈琲

2009年8月3日月曜日

ESSAY:すごいよ、ルーシー

2009年7月28日火曜日

ESSAY:涙のラーメン

2009年6月27日土曜日

ESSAY:ごあいさつ

伊吹有喜 BOOKLIST

伊吹有喜『彼方の友へ』

初版:2017年11月17日
ISBN:978-4-408-53716-0
出版:実業之日本社
価格:本体1,700円+税



平成の老人施設でひとりまどろむ佐倉波津子に、赤いリボンで結ばれた小さな箱が手渡された。「乙女の友・昭和十三年 新年号附録 長谷川純司 作」。そう印刷された可憐な箱は、70余年の歳月をかけて届けられたものだった──戦前、戦中、戦後という激動の時代に、情熱を胸に生きる波津子とそのまわりの人々を、あたたかく、生き生きとした筆致で描く、著者の圧倒的飛躍作。
(文章は実業之日本社の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『地の星』

初版:2017年09月21日
ISBN:978-4-591-15605-6
出版:ポプラ社
価格:本体1,600円+税



今のわたしは、あの頃なりたいと望んだ自分になれているのだろうか。遠州峰生の名家・遠藤家の邸宅として親しまれた常夏荘。幼少期にこの屋敷に引き取られた耀子は、寂しい境遇にあっても、屋敷の大人たちや、自分を導いてくれる言葉、小さな友情に支えられて子ども時代を生き抜いてきた。時が経ち、時代の流れの中で凋落した遠藤家。常夏荘はもはや見る影もなくなってしまったが、耀子はそのさびれた常夏荘の女主人となり─。ベストセラー『なでし子物語』待望の続編。
(文章はポプラ社の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『カンパニー』

初版:2017年05月22日
ISBN:978-4-10-350971-4
出版:新潮社
価格:本体1,700円+税



妻子に逃げられた47歳総務課長。選手に電撃引退された女性トレーナー。製薬会社のリストラ候補二人に課された使命は、世界的プリンシパルの高野が踊る冠公演「白鳥の湖」を成功させること。しかし、高野の故障、配役変更、チケットの売れ行き不振と続々問題が。本当に幕は開くのか!? 仕事と人生に情熱を取り戻す傑作長編。
(文章は 新潮社の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『情熱のナポリタン』

初版:2017年02月14日
ISBN:978-4-75844065-3
出版:角川春樹事務所
価格:本体520円+税



かつて新宿追分と呼ばれた街の、〈ねこみち横丁〉という路地の奥に「BAR追分」はある。<ねこみち横丁>振興会の管理人をしながら脚本家を目指す宇藤輝良は、コンクールに応募するためのシナリオを書き上げたものの、悩んでいることがあって……。両親の離婚で離れて暮らす兄弟、一人息子を育てるシングルマザー、劇団仲間に才能の差を感じ始めた男──人生の分岐点に立った人々が集う「BAR追分」。客たちの心も胃袋もぐっと掴んで離さない癒しの酒場に、あなたも立ち寄ってみませんか? 大人気シリーズ第三弾。
(文章は 角川春樹事務所の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『ミッドナイト・バス』(文庫版)

初版:2016年08月04日
ISBN:978-4-16-790671-9
出版:文藝春秋
価格:本体880円+税



壊れた「家族」という時計は再び動き出すのか。故郷に戻り、深夜バスの運転手として二人の子供を育ててきた利一。ある夜、乗客に別れた妻の姿が──。家族の再出発を描く感動長篇。
(文章は文藝春秋BOOKSの紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『今はちょっと、ついてないだけ』

初版:2016年03月16日
ISBN:978-4-334-91083-9
出版:光文社
価格:本体1,500円+税



かつて、世界の秘境を旅するテレビ番組で一躍脚光を浴びた、「ネイチャリング・フォトグラファー」の立花浩樹。バブル崩壊で全てを失ってから15年、事務所の社長に負わされた借金を返すためだけに生きてきた。必死に完済し、気付けば四十代。夢も恋人もなく、母親の家からパチンコに通う日々。ある日、母親の友人・静枝に写真を撮ってほしいと頼まれた立花は、ずっと忘れていたカメラを構える喜びを思い出す。もう一度やり直そうと上京して住み始めたシェアハウスには、同じように人生に敗れた者たちが集まり……。
(文章は光文社の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『オムライス日和 BAR追分』

初版:2016年2月12日
ISBN:978-4758439732
出版:角川春樹事務所
価格:本体520円+税



有名電機メーカーに勤める菊池沙里は、大学時代にゼミで同期だった宇藤輝良と再会する。卒業して五年、宇藤は「ねこみち横丁振興会」の管理人をしながら、脚本家になる夢を追い続けているという。数日後、友人の結婚式の二次会後に、宇藤がよくいるというねこみち横丁のBAR追分に顔を出した沙里だったが……(「オムライス日和」より)。昼はバールで夜はバー──二つの顔を持つBAR追分で繰り広げられる人間ドラマが温かく胸に沁みる人気シリーズ、書き下ろしで贈る待望の第二弾。
(文章は角川春樹事務所の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『BAR追分』

初版:2015年7月15
ISBN:978-4758439176
出版:角川春樹事務所
価格:本体520円+税



新宿三丁目の交差点近く──かつて新宿追分と呼ばれた街の「ねこみち横丁」の奥に、その店はある。そこは、道が左右に分かれる、まさに追分だ。BAR追分。昼は「バール追分」でコーヒーやカレーなどの定食を、夜は「バー追分」で本格的なカクテル、ハンバーグサンドなど魅力的なおつまみを供する。人生の分岐点で、人々が立ち止まる場所。昼は笑顔がかわいらしい女店主が、夜は白髪のバーテンダーがもてなす新店、二つの名前と顔でいよいよオープン!
(文章は角川春樹事務所の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『なでし子物語』(文庫版)

初版:2014年12月05日
ISBN:978-4-591-14246-2
出版:ポプラ社
価格:本体720円+税



いじめに遭っている少女・耀子、居所のない思いを抱え過去の思い出の中にだけ生きている未亡人・照子、生い立ちゆえの重圧やいじめに苦しむ少年・立海。三人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かし始める。言葉にならない祈りを掬い取る、温かく、強く、やさしい物語。

伊吹有喜『ミッドナイト・バス』

初版:2014年1月
ISBN:978-4163900063
出版:文藝春秋
価格:1,890円



東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった──。
父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。
突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。
家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!
(文章は文藝春秋BOOKSの紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『なでし子物語』

初版:2012年11月
ISBN:978-4-591-13142-8
出版:ポプラ社
価格:1,680円(本体:1,600円)



ずっと、透明になってしまいたかった。でも本当は、「ここにいるよ」って言いたかったんだ──

いじめに遭っている少女・耀子、居所がなく過去の思い出の中にだけ生きている未亡人・照子、生い立ちゆえの重圧やいじめに苦しむ少年、立海。三人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かし始める。言葉にならない祈りを掬い取る、温かく、強く、やさしい物語。

伊吹有喜『四十九日のレシピ』(文庫)

初版:2011年10月
ISBN:978-4-591-12665-3
出版:ポプラ社
価格:630円(本体:600円)



母の優しい「レシピ」が起こした奇跡に、あたたかい涙があふれる感動の物語。

妻の乙美を亡くし気力を失ってしまった良平のもとへ、娘の百合子もまた傷心を抱え出戻ってきた。そこにやってきたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本。乙美の教え子だったという彼女は、乙美が作っていた、ある「レシピ」の存在を伝えにきたのだった。

伊吹有喜『風待ちのひと』(文庫)

初版:2011年4月
ISBN:978-4-591-12418-5
出版:ポプラ社
価格:672円(本体:640円)



伊吹有喜デビュー作、文庫版

“心の風邪”で休職中の男と家族を失った傷を抱える女。海辺の町でふたりは出会った──。人生の休息の季節を鮮やかに描き出す、デビュー作。

伊吹有喜『四十九日のレシピ』

初版:2010年2月
ISBN:978-4-591-11535-0
出版: ポプラ社
価格:1,470円(本体:1,400円)



2011年早春 NHKドラマ化決定!!

わたしがいなくなっても、あなたが明日を生きていけるように。大切な人を亡くしたひとつの家族が、再生に向かうまでの四十九日間。家族を包むあたたかな奇跡に、涙があふれる感動の物語。

伊吹有喜『風待ちのひと』

初版:2009年6月
ISBN:978-4-591-11021-8
出版:ポプラ社
価格:1,470円(本体:1,400円)



伊吹有喜デビュー作

第三回ポプラ社小説大賞特別賞受賞作!! 二十代の恋とは違う。でも、今だから気がつくことがある。39歳の男と女、愛と再生の物語。


 作品の登場人物のイメージを固めるために、ある若手俳優さんの資料を集めていたところ、イルカと写っている写真をたくさん見つけた。

 イルカを題材にした映画に出演していたらしい。そういう場面を撮ったのもかもしれないが、その写真のイルカはどこもかしこもすべてが愛らしい。

 イルカ、英語でドルフィン。響きからしてファンタジック。特にフィンのあたりに愛と夢と希望を感じる。このフィンの部分がボラとかベロだったらどうだろう。

 ドルボラ、ドルベロ。果たして人はここに愛と夢と希望を見いだすであろうか。

 イルカ=ドルフィン。まさに愛と夢とファンタジー。名は体を表す最好例。

 しかし、その写真を切り抜きながら、どす黒く私は思った。

 おい、イルカ。お前、相変わらずだな……。

 私がイルカと間近に接したのは九年前。フリーのライターになって、初めて海外取材の仕事をいただいたときの話だ。そこと契約をするのは三回目で、国内では気持ちよくお仕事をさせていただいていた。ところが二週間の日程で海外に出たらトラブル続出。そうしたものと思っても、困り果てたことが多々あった。

 一番弱ったのは、取材は町の中心部でしか行われないのに、諸事情で中心部から一時間近く離れたレンタル別荘に泊まるはめになったことだ。

 朝はフリーウェイが渋滞する可能性があるということで、二時間前に出発。つまり毎回往復で三時間近く。朝の六時に撮影があると、準備などで午前三時前に起床となる。

 一応個室は与えられたが、一軒家にスタッフ全員が泊まっているというのも気をつかう。しかもその別荘は給湯器が壊れて湯が出ないので、夜は同じ敷地内の別のコテージに順番にシャワーを浴びにいく始末。

 湯が出ない。アメリカのリゾート取材なのになんてことだと思った。

 しかし五日目が過ぎたとき、取材の責任者がもらい風呂に行くのを面倒がって水シャワーを浴びたところ、ひどい風邪をひき、町の中心部のホテルに移動となった。でもそのときすでに全員、疲労困憊。やはり移動時間の長さというのは馬鹿にならない。

 そうしたなかで水族館の取材をすることになった。目玉は可愛らしいイルカのショーだ。

 南の島でイルカのショー。まさに愛と夢とファンタジー。

 その日はまずブランド店の取材がずっと入っていた。妙に疲れて、最後に水族館に行った。ところが現場に着いたら、どうやらイルカも疲れて機嫌が悪いらしい。一日に数回ショーがあるのだが、それらはすべて終わってしまったので、輪をくぐったりとか、二頭で飛んだりという撮影は遠慮してほしいという話。

 係員とコーディネーターさんに導かれてプールに行くと、彼方にプシュー、プシューと水しぶきのようなものがあがっている。噴火口みたいだ。近づいてみて驚いた。イルカの脳天に穴があり、そこから定期的にプシューと何かを噴き上げていたのだ。

 うわあ、穴だ。

 足下にいるイルカを見つめた。それまでイルカは見上げるか、横からしか見たことがなかった。見下ろすのは初めてだ。したがって脳天を見るのも初めて。

 穴があるんだ……。頭の真ん中に。

 穴はすぐにふさがった。なので気をとりなおして、係員さんの話を聞く。

 穴……それはあるよね、ほ乳類だもの。クジラと一緒だ。

 動揺する自分にそう言い聞かせながら、イルカを見る。

 イルカって可愛い生き物なんだよな。まあ……まあ……そうだな、可愛い……可愛いんだろうな、これが可愛いというものなのだ。だってイルカ=ドルフィン、それは愛と夢と……。

 私の気持ちに答えるように、イルカの頭がプヨプヨン、ブルブルンと震える。

 そうだ、疑うな。これが可愛いというものなのだ。その瞬間、イルカの脳天がぐわっと開いて何かが噴き上がった、プショー!!

 うわあああ、と心中で悲鳴をあげた。

 想像もしなかった。イルカの脳天に穴があるなんて。それもパカパカ開いて、指をつっこんだらねじきられそうな勢いなんて。

 怖い。ものすごく怖い。子どもの頃にこんな絵本を読んだ。ご飯をまったく食べない嫁がいて、あるとき夫が物陰から見たら、脳天に大きな口があって、そこに握り飯をパカパカと放り込んで食べていたという話だ。ご丁寧に頭の口には歯まできっちり描かれていて、幼い私は心底おびえた。

 怖い。動揺を察知したのか、単に下にいるせいか、上目使いでイルカが私を見た。不良マンガで言えば、ガン、飛ばしてる、という感じ。負けじと私も見返す。その間も脳天の穴はパカパカと開閉中。相当不機嫌らしい。係の人も、ちょっと疲れていると言っている。

 オー、イエェ〜、と言って、取材の責任者がとりなすように笑った。

「でもさ、イルカって、ファンタースティーック」

 そう言って彼が手を出した途端に、イルカがもの凄い勢いで水から顔を出した。

 うわあ、と悲鳴をあげて彼があとずさる。勝手に手を出すなと、係員は大激怒。そりゃそうだ。イルカにしてみれば、攻撃されたと思ったに違いない。

 疲労困憊、低いテンションはさらにガタ落ち、口には出さぬが顔つきで、責任者の仕切りの悪さへのぼやきが一同、ダダモレ。

 結局、コーディネーターの活躍で、少しだけイルカに芸をしてもらうことになった。写真撮影には絶好のポイントで一同待つ。

 イルカがメインのプールにスイスイとやってきて、飛んだ。あら? なんだか一頭だけと聞いていたけど、色違いが二頭飛んでる。あらっ、しかも見事にシンクロしているぞ。

 ややっ、なんだか、虹色の輪をくぐっている。

 おお、ファンタジーだ!! やっぱりドルフィ〜ン!!

 一同、拍手。私も大拍手。それからプールに行ったら、角度のせいか脳天があまり見えない。そして見るからにキュート。言葉にするなら「やあボク、イルカ、よろしくね チュッ」って感じ。

 さっきのガン飛ばしとは、ずいぶんな差だ。カメラを向けたら、水から身を乗り出し、係員さんと可愛く写真におさまっていた。

 おいおいおい。つまり、さっきは楽屋だったからなんだな、イルカさんよ。

 表の顔はこちらで、裏では眼光鋭く煙草、いや頭をパカパカ。素行不良のアイドルみたいだ。

 そうしたわけで私はイルカが可愛いとはあまり思わない。それどころか私の頭のなかでは、イルカの言葉は不良マンガのセリフそのもの。俳優さんと並んでいる写真を見たら、イルカが「うらあ、ここ撮れやあ!」とか「うらあ、尻尾振ったるでえ」とか、なぜかガラ悪く言っているみたいで、心中穏やかではない、というか彼ら、うるさい。

 だから素敵な写真だったが、資料にするのは見送った。

 でも時々、そのイルカと俳優さんの写真を見る。双方、役者だ。最悪のコンディションでもきっちり芸を見せるイルカ魂。ちっとも可愛くないけれど、好きか嫌いか問われたら、イルカはまあ……好きかな、と伏し目がちに思った。

伊吹有喜 ESSAY

折々のこと...