伊吹有喜 TOPIX

2017年11月17日金曜日

NEW!! 「彼方の友へ」を上梓しました!

2017年1月1日日曜日

新年のごあいさつ

2015年12月31日木曜日

年末と年始のご挨拶

2015年7月13日月曜日

BAR追分が発売されます

2015年3月19日木曜日

公式サイトリニューアル

2015年3月19日木曜日

NEW!! 現在連載中

なでし子物語 天の花 地の星

画・菅野裕美/「asta*」ポプラ社(2013年7月より月刊掲載)

彼方の友へ

画・小春あや/「J-novel」実業之日本社(「紡」2013年春号より三ヶ月ごとに掲載)

NEW!! 不定期で掲載

BAR追分(バールおいわけ)

画・満岡玲子/「ランティエ」角川春樹事務所

連載終了しました。年内に刊行予定です。

今はちょっと、ついてないだけ

画・宮坂猛/「小説宝石」光文社(2014年1月号より隔月掲載)

2012年12月1日土曜日

柿の木と12月のごあいさつ

2012年11月1日木曜日

秋深し、イヌニガテの謎

2012年10月1日月曜日

夏の終わりと秋の始まり

2012年4月2日月曜日

4月のごあいさつ

2012年2月8日水曜日

二月のご挨拶

2011年11月5日土曜日

11月のごあいさつ

2011年10月6日木曜日

10月のごあいさつ

2011年9月19日月曜日

ESSAY:日本の大人

2011年7月19日火曜日

夏が来ましたね!

2011年7月1日金曜日

ESSAY:コウジに夢中

2011年6月29日水曜日

本当に蒸しますね……。

2011年6月11日土曜日

ESSAY:男の背中とオムライス

2011年4月6日水曜日

ごあいさつ

2011年1月12日水曜日

年明けのごあいさつ

2010年11月28日日曜日

ESSAY:マルタイに関する考察

2010年11月1日月曜日

ESSAY:短髪包囲網

2010年11月1日月曜日

「小説宝石」12月号(光文社発行)に短編が掲載されました。タイトルは「煙が目にしみる」です。

checkmark小説宝石(光文社)

2010年11月1日月曜日

ごあいさつ

2010年10月16日土曜日

ESSAY:蝉の夏

2010年9月21日火曜日

ESSAY:女の述懐

2010年8月

「小説現代」9月号(講談社発行)にエッセイが掲載されました。タイトルは「この夏の喜び」です。

checkmark小説現代(講談社)

2010年6月

「別冊文藝春秋」7月号(文藝春秋発行)にエッセイが掲載されました。タイトルは「折々の音色」です。

checkmark別冊文藝春秋(文藝春秋)

2010年5月22日土曜日

「月刊 ジェイ・ノベル」6月号(実業之日本社発行)にエッセイが掲載されました。タイトルは「ウマい鹿」です。

checkmarkジェイ・ノベル(実業之日本社)

2010年4月17日土曜日

ESSAY:お寒い対決

2010年3月30日火曜日

ESSAY:書店さんにて初サイン

2010年1月5日火曜日

ESSAY:2010年のごあいさつ

2009年12月25日金曜日

ESSAY:江戸の紫

エッセイ掲載

「野生時代」12月号(角川書店発行)にエッセイが掲載されました。タイトルは「おへその佃煮」です。

checkmark野生時代(角川書店)

2009年11月10日火曜日

ESSAY:失敗の定番

2009年10月5日月曜日

ESSAY:空の庭園

2009年9月15日火曜日

ESSAY:秋の夜長にこの一枚

2009年9月7日月曜日

ESSAY:イルカの裏表

著者インタビュー掲載

ポプラ社のPR誌、asta*(アスタ)9月号に著者インタビューが掲載されました。配布先などの詳細はこちらをどうぞ。

checkmarkアスタについて

checkmarkアスタが置いてあるお店

2009年8月19日水曜日

ESSAY:女の絶望

2009年8月10日月曜日

ESSAY:地獄の珈琲

2009年8月3日月曜日

ESSAY:すごいよ、ルーシー

2009年7月28日火曜日

ESSAY:涙のラーメン

2009年6月27日土曜日

ESSAY:ごあいさつ

伊吹有喜 BOOKLIST

伊吹有喜『彼方の友へ』

初版:2017年11月17日
ISBN:978-4-408-53716-0
出版:実業之日本社
価格:本体1,700円+税



平成の老人施設でひとりまどろむ佐倉波津子に、赤いリボンで結ばれた小さな箱が手渡された。「乙女の友・昭和十三年 新年号附録 長谷川純司 作」。そう印刷された可憐な箱は、70余年の歳月をかけて届けられたものだった──戦前、戦中、戦後という激動の時代に、情熱を胸に生きる波津子とそのまわりの人々を、あたたかく、生き生きとした筆致で描く、著者の圧倒的飛躍作。
(文章は実業之日本社の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『地の星』

初版:2017年09月21日
ISBN:978-4-591-15605-6
出版:ポプラ社
価格:本体1,600円+税



今のわたしは、あの頃なりたいと望んだ自分になれているのだろうか。遠州峰生の名家・遠藤家の邸宅として親しまれた常夏荘。幼少期にこの屋敷に引き取られた耀子は、寂しい境遇にあっても、屋敷の大人たちや、自分を導いてくれる言葉、小さな友情に支えられて子ども時代を生き抜いてきた。時が経ち、時代の流れの中で凋落した遠藤家。常夏荘はもはや見る影もなくなってしまったが、耀子はそのさびれた常夏荘の女主人となり─。ベストセラー『なでし子物語』待望の続編。
(文章はポプラ社の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『カンパニー』

初版:2017年05月22日
ISBN:978-4-10-350971-4
出版:新潮社
価格:本体1,700円+税



妻子に逃げられた47歳総務課長。選手に電撃引退された女性トレーナー。製薬会社のリストラ候補二人に課された使命は、世界的プリンシパルの高野が踊る冠公演「白鳥の湖」を成功させること。しかし、高野の故障、配役変更、チケットの売れ行き不振と続々問題が。本当に幕は開くのか!? 仕事と人生に情熱を取り戻す傑作長編。
(文章は 新潮社の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『情熱のナポリタン』

初版:2017年02月14日
ISBN:978-4-75844065-3
出版:角川春樹事務所
価格:本体520円+税



かつて新宿追分と呼ばれた街の、〈ねこみち横丁〉という路地の奥に「BAR追分」はある。<ねこみち横丁>振興会の管理人をしながら脚本家を目指す宇藤輝良は、コンクールに応募するためのシナリオを書き上げたものの、悩んでいることがあって……。両親の離婚で離れて暮らす兄弟、一人息子を育てるシングルマザー、劇団仲間に才能の差を感じ始めた男──人生の分岐点に立った人々が集う「BAR追分」。客たちの心も胃袋もぐっと掴んで離さない癒しの酒場に、あなたも立ち寄ってみませんか? 大人気シリーズ第三弾。
(文章は 角川春樹事務所の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『ミッドナイト・バス』(文庫版)

初版:2016年08月04日
ISBN:978-4-16-790671-9
出版:文藝春秋
価格:本体880円+税



壊れた「家族」という時計は再び動き出すのか。故郷に戻り、深夜バスの運転手として二人の子供を育ててきた利一。ある夜、乗客に別れた妻の姿が──。家族の再出発を描く感動長篇。
(文章は文藝春秋BOOKSの紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『今はちょっと、ついてないだけ』

初版:2016年03月16日
ISBN:978-4-334-91083-9
出版:光文社
価格:本体1,500円+税



かつて、世界の秘境を旅するテレビ番組で一躍脚光を浴びた、「ネイチャリング・フォトグラファー」の立花浩樹。バブル崩壊で全てを失ってから15年、事務所の社長に負わされた借金を返すためだけに生きてきた。必死に完済し、気付けば四十代。夢も恋人もなく、母親の家からパチンコに通う日々。ある日、母親の友人・静枝に写真を撮ってほしいと頼まれた立花は、ずっと忘れていたカメラを構える喜びを思い出す。もう一度やり直そうと上京して住み始めたシェアハウスには、同じように人生に敗れた者たちが集まり……。
(文章は光文社の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『オムライス日和 BAR追分』

初版:2016年2月12日
ISBN:978-4758439732
出版:角川春樹事務所
価格:本体520円+税



有名電機メーカーに勤める菊池沙里は、大学時代にゼミで同期だった宇藤輝良と再会する。卒業して五年、宇藤は「ねこみち横丁振興会」の管理人をしながら、脚本家になる夢を追い続けているという。数日後、友人の結婚式の二次会後に、宇藤がよくいるというねこみち横丁のBAR追分に顔を出した沙里だったが……(「オムライス日和」より)。昼はバールで夜はバー──二つの顔を持つBAR追分で繰り広げられる人間ドラマが温かく胸に沁みる人気シリーズ、書き下ろしで贈る待望の第二弾。
(文章は角川春樹事務所の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『BAR追分』

初版:2015年7月15
ISBN:978-4758439176
出版:角川春樹事務所
価格:本体520円+税



新宿三丁目の交差点近く──かつて新宿追分と呼ばれた街の「ねこみち横丁」の奥に、その店はある。そこは、道が左右に分かれる、まさに追分だ。BAR追分。昼は「バール追分」でコーヒーやカレーなどの定食を、夜は「バー追分」で本格的なカクテル、ハンバーグサンドなど魅力的なおつまみを供する。人生の分岐点で、人々が立ち止まる場所。昼は笑顔がかわいらしい女店主が、夜は白髪のバーテンダーがもてなす新店、二つの名前と顔でいよいよオープン!
(文章は角川春樹事務所の紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『なでし子物語』(文庫版)

初版:2014年12月05日
ISBN:978-4-591-14246-2
出版:ポプラ社
価格:本体720円+税



いじめに遭っている少女・耀子、居所のない思いを抱え過去の思い出の中にだけ生きている未亡人・照子、生い立ちゆえの重圧やいじめに苦しむ少年・立海。三人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かし始める。言葉にならない祈りを掬い取る、温かく、強く、やさしい物語。

伊吹有喜『ミッドナイト・バス』

初版:2014年1月
ISBN:978-4163900063
出版:文藝春秋
価格:1,890円



東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった──。
父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。
突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。
家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!
(文章は文藝春秋BOOKSの紹介ページから流用させていただいています)

伊吹有喜『なでし子物語』

初版:2012年11月
ISBN:978-4-591-13142-8
出版:ポプラ社
価格:1,680円(本体:1,600円)



ずっと、透明になってしまいたかった。でも本当は、「ここにいるよ」って言いたかったんだ──

いじめに遭っている少女・耀子、居所がなく過去の思い出の中にだけ生きている未亡人・照子、生い立ちゆえの重圧やいじめに苦しむ少年、立海。三人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かし始める。言葉にならない祈りを掬い取る、温かく、強く、やさしい物語。

伊吹有喜『四十九日のレシピ』(文庫)

初版:2011年10月
ISBN:978-4-591-12665-3
出版:ポプラ社
価格:630円(本体:600円)



母の優しい「レシピ」が起こした奇跡に、あたたかい涙があふれる感動の物語。

妻の乙美を亡くし気力を失ってしまった良平のもとへ、娘の百合子もまた傷心を抱え出戻ってきた。そこにやってきたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本。乙美の教え子だったという彼女は、乙美が作っていた、ある「レシピ」の存在を伝えにきたのだった。

伊吹有喜『風待ちのひと』(文庫)

初版:2011年4月
ISBN:978-4-591-12418-5
出版:ポプラ社
価格:672円(本体:640円)



伊吹有喜デビュー作、文庫版

“心の風邪”で休職中の男と家族を失った傷を抱える女。海辺の町でふたりは出会った──。人生の休息の季節を鮮やかに描き出す、デビュー作。

伊吹有喜『四十九日のレシピ』

初版:2010年2月
ISBN:978-4-591-11535-0
出版: ポプラ社
価格:1,470円(本体:1,400円)



2011年早春 NHKドラマ化決定!!

わたしがいなくなっても、あなたが明日を生きていけるように。大切な人を亡くしたひとつの家族が、再生に向かうまでの四十九日間。家族を包むあたたかな奇跡に、涙があふれる感動の物語。

伊吹有喜『風待ちのひと』

初版:2009年6月
ISBN:978-4-591-11021-8
出版:ポプラ社
価格:1,470円(本体:1,400円)



伊吹有喜デビュー作

第三回ポプラ社小説大賞特別賞受賞作!! 二十代の恋とは違う。でも、今だから気がつくことがある。39歳の男と女、愛と再生の物語。


「風待ちのひと」は当初は「夏の終わりのトラヴィアータ」というタイトルだった。

 季節の夏の終わりと、人生の夏の終わり、そして道を踏み外して、一人でさまよい続けた主人公の面影を重ねた、思い入れのある題だった。

 イメージとしては夏の終わりの明け方、浜辺にてんてんと女の小さな足跡が続いている。そしてその途中、防波堤から降りてきた、大きな足跡がつかず離れず、小さな足跡に寄り添っていく。

 足跡のその先、はるか遠くを見据えると、女と男が身を寄せあって歩いていく後ろ姿が小さく見える。

 そんな情景を思いながら、原稿を書いた。

 その数ヶ月後、ありがたいことにその作品が日の目を見て、私は出版社の打ち合わせ室にいた。

 目の前には心地よい声で思慮深く話をされる方、そして涼やかな目元で明晰な話し方をされるお二方がいらっしゃった。これから私を担当してくださると聞いて、気分は舞い上がる。すごく頼もしく、うれしい。

 そんななか、話はタイトルを変更しないかという提案になった。

 「夏の終わりのトラヴィアータ」というタイトルは長いそうなのだ。

 たしかに長い。しかも覚えられにくい。

 夏の終わりの、までは誰もが言える。だけどトラヴィアータという単語がなかなか出てこない。私の友人達も、ほとんどがそこで困った顔で聞く。

「ええっと、ごめん。夏の終わりの……なんだっけ」

 こちらこそごめん、と思いながら「トラヴィアータ」と答える。

 でも友人だから「何だっけ」と聞いてくれるが、そうでもなければ「まあいいや」と流されてしまうだろう。世の中には名の通った作家の素敵な題の小説がいっぱいあるのだ。

 だけど……。

 戸惑いが私の顔に出たらしく、お二方の顔が少し曇った。申し訳ない。が、タイトルは大事だ。

 ちょっと困った顔で意を決したように、涼やかな方がおっしゃった。

「あの……実はトラヴィアータってパスタのアラビアータと一文字違いなので……スパゲティの一種だと思われるみたいなんです」

 何ですと?

 まったく同じことを先日、言われたばかりだ。

心地よい声の方がおっしゃった。

「トラヴィアータがオペラではなくパスタと思われると、タイトルを見たときに持つイメージがずいぶん違ってきます」

 それはそうだ。

 それがパスタと思ったら……。そんなスパゲティが出てくるのは、さびれた喫茶店。そうすると恋愛小説じゃなくて、細腕繁盛記のような話みたいだ。

 たとえば古い麻雀の卓上ゲームとかありそうな喫茶店(数年前はインベーダーゲームが置いてあった感じ)。だけどそこの店のママは宮沢りえさんみたいな儚げな女性で、ちょっと影のある美少女の娘と一緒にコーヒーと軽食を出している。その名は喫茶「トラヴィアータ」。

 内装は変だけど、事情があって改装できない。で、夏休み中だから美少女の同級生たちが店にソーダを飲みにきたり、その同級生の親たちも訪れる。暑いし休暇中だし日は長いし(これは関係ないか)何かとトラブルがわきおこる。で、泣いたり笑ったり仲裁したり、いろいろあるけど、どんなときでも最終的に人々の輪のなかに登場するのは湯気をたてるスパゲティ……。

 湯気の向こうでにっこりほほえむ店のママ、宮沢りえさん……。

 悪くない。いいかも。ちょっと読みたい。いやかなり読みたい。毎回登場するパスタは、ママの気持ちでサービスだから、まかないみたいなシンプルなパスタ。レシピなんかもついてたら、ちょっとお得。

 いやいや、いっそ素敵な写真入りのクッキングブックなどいかがでしょう。料理研究家さん監修で、巻末にはスピンアウトの短編が入っていて、本編と呼応した後日談が語られる。わーい楽しいな!! ……うん、欲しい。買いますよ、さっそくセットで予約だ。私、予約する………………

 というか、それ、拙作、「夏の終わりのトラヴィアータ」の話?!

 違う、全然違う! そういう話じゃありません!!

 でもすでに心の中ではりえさんが喫茶「トラヴィアータ」の前をホウキで掃いている。うつむきかげんで、儚げに。そしてトラヴィアータの前を郵便屋さんがカタカタと自転車で走ってきて「おはよう、ゆうこさん」なんて言ってる。

 ゆうこ? ゆうこって役名なのか、りえさん。きっとゆうすげの花のゆうこだ。すてきなお名前。

 妄想のなかではユウコは掃除中。打ち合わせ中の私は編集者さんのお話を聞きながら、真剣にあいづちをうつ。

 続くお話では「トラヴィアータ」だけではなく「夏の終わり」という言葉も改題をすすめる理由のひとつらしい。夏の終わりという季節限定のタイトルだと秋や冬になると手にとりにくいとのことだった。

 たしかに真冬にかき氷を食べる気にはなれないからなあ、と納得するわたくし。その瞬間、店の前を掃き終わったゆうこが微笑みながら私に頭をさげた。そして背を向け、店に入っていく。どうやら開店準備が整ったらしい。

「はるか〜」とゆうこさんの声がした。

 はるか。娘さんの名は「はるか」かな? あっ、ニャ〜とかいってる。猫?

 それ猫の名ですか? 飲食店に猫? 待って〜ゆうこ〜!! ゆうこ〜!!

 店のドアが閉まった。

 改題をめぐる意見の交換も終わった。

 担当のお二方が私の返事を待っている。

 ゆうこは戻って来ない。はるかが何かも不明。ただ喫茶「トラヴィアータ」の看板だけがある。朝顔のツルを絡ませ、夏の朝日をさんさんと浴びて。

夏の終わりのトラヴィアータ。思い入れのあるタイトルだったけど、パスタと間違えられては、まったく別の物語。

 改題、やむなしか。

 承知しました、と私はうなずいた。


 あれから一年。

 担当してくださったお二方と一緒に考え抜いて、新タイトルは「風待ちのひと」に決まった。周りの人に伝えたら、とても覚えやすいと好評だった。

 あのとき心に浮かんだ喫茶「トラヴィアータ」は今も時々、情景が浮かぶ。。

 はるかというのは、やはり娘さんの名前で、猫の名はフェリックスという。とても美しい(今も美しい)日本人のダンサーが踊っていらした猫の役名が由来だ。小さなはるかは、ダンスを習いたいらしい

 でももし、ゆうことはるかの物語を書き始めたら、そのときはきっと別のタイトルになる。二人にはもっとふさわしい題があるに違いない。

「夏の終わりのトラヴィアータ」。

 おそらく二度と使うことはない。それでも私にとって、今もひとつひとつの言葉がとても愛しい意味をもつ題名だ。

伊吹有喜 ESSAY

折々のこと...